『なりたい』を
実現するためのレッスン

動きの進化を表現でき、さらに実感できること。
なるほど!もっと挑戦したい!楽しい!と自分に自信がつき、
モチベーションの上がるレッスンを提供いたします。



5つのエス『S』

カラダを動かす、すべての感覚を楽しもう!


Study 学習
頭の学習と同じようにカラダでも学習。インプットとアウトプット。理解・表現・納得を繰り返していこう。

Skill スキル
カラダの基礎となる能力アップ、専門的な技術アップを行い、より効率の良い動きを習得しよう。

Select 選択
たくさんの動作学習でスポーツの選択肢を広げられるように。好きな事、得意な事から徐々に方向性を見出そう。


Safe 安全
スポーツと遊びを融合し、運動に馴染みやすい環境をつくる。そのために準備を怠らず安全第一でみんなで楽しもう。

Satisfaction 楽しむ
目標に向かう過程や達成の充実感・満足感。運動して汗をかく。美味しいものを食べる。楽しむ喜びを感じよう。

SENSE(感覚)

感覚って漠然としていますよね。
よく天才と謳われる選手が感覚で喋るから擬音が多いといわれるように、言葉で表現することが難しかったりそれぞれ微妙に違ったりもします。そうなのです。
人は伝え方や捉え方は自由であり、特に決まりなんてないのです。

動きも同じでルールの範囲内であればそれ以上の規定はありません。基本的な正しいと言われる動作はもちろんありますが、その人にとっての都合の良い動きも存在します。

したがって、指導する側と受講する側の目標へのプロセスが一方通行にならないよう、お互いが理解し合い納得して練習することが大切です。スポーツや音楽など、子供の頃から大人までずっと続けてきた動作はそう簡単に忘れることはないでしょう。
それは動作の学習により脳にインプットができているからです。

身体を動かす場合、関節や筋肉を動かす順番、出力のタイミング、重心、水泳だと浮心、筋弛緩や収縮のバランスなど、いろいろな要素が上手くいくと、しなやかで無駄のない、力強い動作などが完成します。上手と言われる人はこの領域を意識的また感覚的に理解をしているのです。
例えば、計算で 1+1= の答えは 2.0 です。これを微妙なズレで1+1=2.1でインプットしていたらどうなるでしょうか?その後の計算が合わなくなってしまいます。それらをやりこめばやりこむほど個癖となり、一生懸命頑張っているのに何か走りが方がおかしい、いくら泳ぎ込んでもタイムが上がらないなど、伸び悩みの原因にもなります。

結果、なぜたくさん練習しているのに伸びないんだろうと迷宮入りしてしまうのです。上手くいっていない動作には、筋力が弱い、気持ちが弱い、練習が足りないだけが理由ではなく、根本的な別のところに改善する要素がたくさんあるのです。
  • その人に合う最善の動作のアプローチを行う
  • 良い動作を繰り返し、脳と身体に落とし込む
  • その「できる感覚」を楽しんで欲しい
そして、ゆくゆくは受講者が自ら状況に応じて臨機応変にトレーニングができ、本当の意味でスポーツを心から楽しめるようになってほしいと思っています


代表 平田 栄史からのメッセージ

レッスンに参加された大人のお客様からは「子供の頃にこういう事を習っていれば全然違ったな~」とのお声をよくいただきます。子どもも大人も同じですが、運動を選択する際、全く泳げなければ、ほとんどの人は水泳を選ばないでしょう。

走ることが苦手であれば、走る要素の多い運動は極力避けるのではないでしょうか。私たちはとことん追求し強くなりたい人への指導もさせていただいていますが、こういった苦手意識のある人たちに対してのアプローチもとても大切にしています。

「誰を対象として?」ではなく「誰のために行うか」が大事であり、初心者から競技者、子どもから大人までを対象とさせていただいているのです。誰に対しても、その人にとってわかりやすくお伝えし納得いただき結果に繋げられることが弊社のモットーでもあります。

能力に個人差はあるかもしれませんが、今までどのような動きをカラダにインプットしてきたかによって、その後の得意不得意、好き嫌い、携わる種目が変わってくるといっても過言ではありません。したがって、何をカラダに学習させるのか、またそれをどのような指導者から学ぶのかが、向上するためには大きなポイントになってきます。

知識や理論はもちろん大事です。
しかしトレーニングの楽しさは単に技術が高いだけで成り立つものでもありません。

指導者は最適な言葉のチョイスや伝えるタイミングなどコミュニケーションの取り方も重要なポイントですし、受講者も話していて楽しい、またコーチや仲間と頑張りたい、など何かプラスに思えること自体も大切な要因となってきます。そういった様々な要素で得られる満足感は心も体も豊かにしてくれます。トレーニングの面では自分の身体を理解して表現できる=インプットとアウトプット。これらをセンス「良い感覚」として残せるような指導を心がけています。

「できない」が「できる」に変わる

ただできるようになるではなく、効率の良いひとつの動作をするための筋の伸縮や緊張と弛緩、関節を動かす方向や順番など、いろんな形の「動きのパズル」を完成させていき、「変化」という「進化」を感じることができれば、さらに自分に自信が持てるようになり物事に挑戦しようと思えたり、心の面でも良い影響をもたらし、スポーツへの取り組み方も変わっていくのではないでしょうか。

コミュニティとしての楽しさ、趣味としての楽しみ、目標に向け努力する楽しさ、達成感など、動機や年齢関係なく全ての方がスポーツをそれぞれのライフスタイルで楽しく続けられる。そういった活力のある世の中になれるよう貢献したいと思っています。

株式会社エスセンス 代表 平田 栄史


会社概要

法人名
株式会社エスセンス
代表
平田 栄史
所在地
〒351-0115
埼玉県和光市新倉1丁目29番28号ブライトンパークA101
お問い合わせ
電話:048-212-8803/WEB:https://ssense.life/※レッスンのお問い合わせはお問い合わせメールにてお願いいたします。
JSCA
umion
ルイデザイン